FC2ブログ

7.5時間

岐阜
09 /30 2013
7.5時間。これは搬送時間。往復15時間。距離は往復約1000キロ(ほとんど高速だけど)。行く前には、車屋さんで、点検をしてもらい。何度もルートの確認。今は、グーグルマップがあるから、すごく助かる。事前に患者さんへの挨拶と体調の確認。他にもいろいろな確認を何回もした。そして、日はせまり、緊張は高まる一方。自分ですら、行ったことがない土地、道、風景、あらゆる事が起きる可能性・・・・・。
わたしは、妻に声を掛けた 「いってらっしゃい。楽しみながら、気を付けて」 そう、私じゃない、妻が搬送した。
帰ってきたときは、本当によくやった。よくやった。すごいなーすごいなーしか言葉にでなかった。安全に患者さんを搬送する、見事に成し遂げた。本当にお見事!凄い!
何も起こらず無事かえってきてよかった
スポンサーサイト



お先にどうぞ

岐阜
09 /22 2013
お先にそうぞ、というステッカーを張った。あまりに酷い煽られ方や、嫌がらせを受けるからだ。患者さまを搬送中、体調の変化を想定しながら、搬送するのだが、どうしても、ゆっくり安全運転だ。はたから見れば、どんくさく、邪魔と思われるのは間違いない。それは分かる。
前は、車イスマークを付けていた。しかし、最近は、逆にそのマークをついている方が、ヒドイきがする。まー数が増えただからだと思う。だから、あえて外した。
しかし、ネットで見れば、お先にどうぞ というマークも同じように思われているみたいだ。ぼくてきには、今のところ、こちらの方がよい気がする。言葉があると違うみたい。

先日、トヨタの○クティスに強引に抜かれた。
道は、片側一車線ずつ。
両側に、駐停車あり。
よけながら、進行中。
親子のお客様で、新しい施設の説明会の帰りだった。
何事もなく済んだけど、心中はぞっとしていた。
信号で止まり、その○クティスの後ろにつくと、帽子をかぶった初心者運転手。
連休初日で、心が弾んでいるのだろうか、若気の至りみたいなのが感じられる。
数分後、お客様は、車内で怒りを私に伝えてきた。

残念だけど、よくあることだ。こういう車を忘れないようにしている。出会いたくないからだ。
たとえ、・・・・・であっても。




ぎふ民間救急

ぎふ民間救急は 岐阜の小さな民間救急No.1!
寝台ストレッチャーリクライニング 吸引 酸素 看護 全国移送(車 飛行機 新幹線)対応です。